AdobeStock_280170734.jpeg

調剤薬局を医院開業のパートナーに

医院を開業するにあたり、もっとも確実な方法は、信頼出来る医院開業コンサルタントを探し、依頼することです。
もちろん、お金はかかりますが、直前まで勤務医として活躍される先生方が、開業のために費やせる時間は限られていますし、ほとんどのドクターが初めての経験となるので、知識や人脈など全ての不安を取り除くには、コンサルタントの起用は最善の方法です。
しかし、開業された全てのドクターがコンサルタントを利用しているわけではありません。
医院開業に多くの資金を必要とします。患者数が安定するまでの運転資金まで考えると、自分で出来るところは、自分で行い、少しでも開業資金を抑えた方が良いと考えるドクターが多いからです。
実際に多いケースは、手続きや書類作成、銀行交渉等は自分で行い、専門領域である設計や広告は各専門家に依頼し、診療圏調査や事業計画書の作成などは、医療機器メーカーや製薬メーカーなどとの取引を前提とし、各社の専属コンサルタントに依頼することが多いようです。
タケシタ調剤薬局では、そのようなコンサルタントを起用されない先生方でも、安心して医院開業が行えるように、独自の開業支援を行っています。

consulting

 

タケシタ調剤薬局では、診療科および診療内容のヒアリングを行い、診療科に応じて集患可能な診療圏を設定し、診療圏内の人口(昼間・夜間、男女別、年齢階級別)、競合医院、推計患者数など詳細な診療圏調査を行います。

また、建築費・内装工事費や医療機器などの初期投資および家賃などの固定費に対して、おおよその採算分岐となる1日あたりの患者数を割り出す事業計画書の作成も行っています。
※より詳しい計画および税務に​関しては税理士をご紹介いたします。

 

design

クリニックの顔となるロゴデザインから、開院案内や診察券や封筒などの印刷媒体のデザイン制作。低コストで運用可能なCMSサービスを利用したホームページ制作を行っています。
また、屋外看板、電柱看板、バスや電車などの交通広告など、各種媒体の提案と、必要なデザインの作成。弊社が紹介・仲介するにあたっては、すべて先生と業者との直接取引で、弊社が手数料を請求するようなことは一切行いません。

support

 

クリニックと調剤薬局の協力関係は「地域医療への貢献」という共通目的のもと、ずっと続きます。

メディカルタウン(医療モール)内の他のクリニックとの協力関係を調整。
クリニックのイメージアップや増患のためのPR活動の支援など、40年の調剤薬局運営で培ったノウハウ・実績をもとに、開業後もサポート致します。

メディカルタウン.comはタケシタホールディングス(タケシタ調剤薬局)が運営しています。

© 2016 TAKESHITA HOLDINGS CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.